我が校の歴史

昭和
 26. 4 徳島県中央高等学校として発足(定時制独立校)昼間部に農業科、家庭科、夜間部に商業科、普通科を設置 
 31. 4 徳島県立小松島西高等学校と校名改称、全日制課程となり、商業科と食物科を設置(定時制課程は募集を停止) 
 38. 4 家庭科の再編成により家政科を新設
 41.12 体育館兼講堂竣工
 42. 2 食物科が調理師法による調理師養成施設の指定を取得
 48. 4 服飾科を新設
 56. 2 創立30周年記念及び松籟研修館・弓道場・体育部室落成
 58. 3 特色ある学校づくりの推進事業として、被服実習棟「藍の館」が竣工

平成
   3. 2 創立40周年記念式典を挙行
 10. 4 生活文化科を新設(服飾科の募集停止)
 11. 4 福祉科(家庭科)を新設
 13. 2 創立50周年記念式典を挙行
 15. 4 大学科として福祉科を設置
 19. 5 文部科学省「目指せスペシャリスト(スーパー専門高校)」の指定を受ける(3年間)
   22.12 本館耐震改築工事により802.64㎡が竣工する。
 22,23 地域等の課題に応じた教育課程研究事業「伝統文化教育実践研究」(国立教育政策研究所)
 24. 4 勝浦高等学校が小松島西高等学校勝浦校となる