食物科 学習成果

新規日誌40
12345
2020/02/07

2年生 和菓子実習(食物科)

| by:y_nakano
日時:2月7日(金)
講師:和菓子処 山陽堂 山下先生

 花びら餅を作りました。花びら餅を初めて見る生徒も多く,甘く煮たごぼうに白味噌の餡が包まれていることに驚いていました。また,求肥からほんのりと桃色に透けて見える和菓子に「きれい!」と言う声も上がりました。
 各班,協力しながら実習に取り組みました。




18:54 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/02/04

3年生 嚥下食講習会(食物科)

| by:y_nakano
日時:1月28日(火)
講師:洋食店「元」オーナーシェフ
   徳元 健二 さん

 松西食物科OBである徳元さんに,嚥下食の講習会をしていただきました。
調理師として,美味しい,楽しい,食べたい料理を提供していることを話してくださいました。
また,グループワークで,それぞれ嚥下が困難な対象者についてどのような食事を提供するかメニューを考えました。
 最後には,徳元さんから卒業にあたり「大きな目標を持ってください。」と応援の言葉もかけてくださいました。



10:58 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/01/25

3年生 テーブルマナー

| by:y_nakano
1月21日(火):34HR
  22日(水):33HR
場所:ザ・パシフィックハーバー

 食物科3年生「調理」の授業の一環で,テーブルマナーの講習を行いました。テーブルマナーは,食卓を楽しくしたり,食事の効果を高めたりするのに役立つだけでなく,社会性を身につける上からも大切です。
 各クラスで楽しくおいしく料理を楽しみながら,テーブルマナーの知識について学ぶことができました。

☆会場の説明もしてくださいました。



シェアラウンジやチャペル,テラスも見学させていただきました。

☆コース料理











12:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/01/22

食の6次産業化人材育成セミナーについて②

| by:y_nakano
セミナー5回目

1月17日(金)
食物科1,2,3年生
テーマ:6次産業における「商品開発」,「販路開拓」Ⅱ
    〈商品企画・販路開拓づくりについて〉
講師:小林 篤司 氏
   一般社団法人 地職住推進機構 代表理事





 食の6次産業化人材育成セミナーが今回で最終回になりました。

生徒の感想です。
〈3年生〉
・商品を新たに作り出す際には,人に興味を持ってもらえるような作り方に重点を置くと言っていましたが,6次産業はあらゆる面に視線を向ける必要があり,本当に難しそうで,楽しそうだと感じました。
・私は,将来商品開発の仕事をしたいと思っていて,ただ作りたいものを作るのではなく,ゴミ問題や少子高齢化など意識して作りたいと思うようになりました。
・6次産業では,地域の資源を大切にすることで,地域のブランド化により,活性化にもつながるなと思いました。また,文化や資源を継承することもでき,とても価値のあるものだと感じることができました。

 今回のセミナーを受け,生徒たちは新しい知識と考え方などを勉強することができました。
また,今後の進路に生かして欲しいです。
08:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/12/24

2学期 製菓実習&和菓子実習

| by:y_nakano
食物科1年生
講師:和菓子処 山陽堂 山下先生
 ものづくりマイスター事業で,いももち・栗饅頭・黒糖饅頭を作りました。初めての和菓子実習でしたが,ものづくりマイスター1級の資格をお持ちの山下先生が丁寧に教えてくださり,きれいに仕上げることができました。


食物科2年生
講師:社会福祉法人 社会就労センターかもな
   シェフ 小川先生
 パンプルムース(グレープフルーツのムース)・パウンドムースを作りました。生クリームの泡立て方や板ゼラチンの扱い方など,わかりやすく説明してくださいました。



食物科3年生
講師:社会福祉法人 社会就労センターかもな
   シェフ 小川先生
 苺のショート・ムースを作りました。基本のスポンジケーキ(genoise)を丁寧に教えてくださいました。また,ナッペのコツも教えてくださいました。


16:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/12/20

集団給食室渋滞解消を考える授業実施

| by:y_nakano
11月26日(火)
食物科 3年生
講師:田中 香津生 氏
   東北大学 サイクロ・RIセンター

 徳島商業高校が取り組んでいる「未来の教室」 渋滞/混雑解消に取り組む事業の一環として、本校集団給食室の渋滞解消を考える授業を実施しました。本校には今年度,集団給食室に新しく温蔵庫と保冷庫が入りました。それに伴い,配膳スペースが狭くなり,以前よりも生徒の喫食までの時間がかかるようになったためです。
 生徒たちも問題意識を持ち,課題解決に向けて活発な意見を出し合いました。試行錯誤しながらになると思いますが,渋滞解消に向けて取り組んでいきます。
 1月には,徳島商業高校の生徒さんの客観的な立場からの意見を参考にしたり,松西生と徳商生とで意見交換を行ったりして,問題解決に取り組んでいく予定です。



16:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/12/08

食の6次産業化人材育成セミナーについて

| by:y_nakano
 本セミナーは小松島市との連携により,農作物や農産加工品の高付加価値化を推進するセミナーです。食と農ビジネスの基本に加え,高付加価値化に向けた研究テーマにより,製造から販売までのノウハウを体系的に学べる,地元との連携・協力体制を強化した6次産業化人材育成セミナーを5回実施します。

 現在では4回のセミナーを終えました。それぞれの回の内容や生徒の活動についてご紹介したいと思います。

☆セミナー1回目
10月23・24日(水・木)

食物科1,2,3年生

テーマ:6次産業における「商品開発」,「販路開拓」

    〈商品企画・販路開拓づくりについて〉

講師:小林 篤司 氏

   一般社団法人 地職住推進機構 代表理事


 「6次産業化」という言葉の意味から丁寧に教えてくださいました。現在取り組んでいらっしゃる上勝町でのビール作りでは,柑橘類の絞りかすやさつまいもの皮などを用いるというお話は大変興味深かったです。
 魅力的な商品を作るには市販品と比較したり,ターゲットにする顧客層を考えたりする戦略が大切など,普段の授業ではない新しい視野を広げてくださいました。また,オランダやカンボジアなど他の国での取り組みも話され,たくさんの生徒が大変興味を持って聴いていました。3年生の生徒の中には将来商品開発をしたいと考えている生徒は講演が終わった後も小林先生に熱心に質問をしていました。

☆セミナー2回目
11月13日(水)

食物科1,2年生

テーマ:6次産業化を支える食品衛生の管理ポイント講師:今成 敏 氏

    ロイド・レジスタージャパン株式会社 執行役員

    立命館大学 客員研究員


生徒の感想です。

・改めて衛生管理はとても大切だということがわかりました。

・先生の「夢と情熱を持つことが大事」という言葉が一番印象に残っています。

・食品衛生の授業で習った食中毒の名前が講演中にたくさんでてきて,調理師として必要な知識だということがわかりました。

・販売物を作るときには,買う人の気持ちを考え,細かいところまで配慮して作っていきたいなと思いました。

 生徒それぞれが食品衛生について,より知識が深まり,意識が高まりました。

☆セミナー3回目

食物科3年生

テーマ:摂食嚥下のメカニズムを理解しよう

講師:青江 美弥 氏

     ひのみね総合療育センター

     摂食嚥下障害看護認定看護師

 普段何気なく「食べる・飲む」という行動を行っていますが,本当はとても複雑な身体の反射や運動などが必要であることがよくわかりました。口を閉じずにお茶を飲んでみたり,噛まずにパンやプリンを食べてみたり,実際にしてみて本当にできなくて驚きました。生徒も楽しみながら,知識を深めることができました。

 青江先生のお話の中に,「ソフト食を提供しているお店は本当に少なくて,知っている患者さんは外食をする時は神戸まで出かけていらっしゃる」ということでした。将来調理師を目指している生徒たちにとって,食事の提供や高カロリーで食べやすい食品作りなどを考える機会になったと思います。



☆セミナー4回目

食物科3年生

テーマ:6次産業における「開発・製造」(実習・実践)

    〈摂食嚥下の実習・実践〉

講師:新井 栄次 氏

   株式会社ときわ

   執行役員 料理長

今回は介護食実習です。

メニュー

・マッシュルームと冬葱のスープ

・帆立貝柱とズワイ蟹のムース

  釜揚げしらすとブロッコリーのムース

・紅茶のクレームブリュレ バニラのグラス添え

 

 みんなで協力しながら,フードプロセッサーやこし器を用いたり,野菜の切り方やゆであげる硬さを注意したりして調理実習を行いました。盛り付けにもきれいになるようにこだわりました。

 スープはマッシュルームをはじめたくさんのキノコ類のうま味が濃縮されていました。魚料理では,いったん食材をペースト状にし,サランラップで形を整え,蒸し上げました。見た目もとてもきれいにできあがりました。デザートは紅茶の香りがとても効いたクレームブリュレで,どの品もおいしくいただきました。

 介護食へのイメージが変わり,工夫しだいでいろいろ展開できることを生徒は学ぶことができました。



17:17 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/12/02

防災食づくり

| by:y_nakano
防災クラブの一環として,防災食づくりに取り組みました。

食物科3年生で,①簡単にできる防災食
        ②さまざまな防災食   の調理実習を行いました。

 調理実習を行う前には,「ローリングストック」や備蓄する食品の選び方やストックする方法,これだけはそろえたい調理&便利グッズなどについて学びました。




学校に備蓄している保存食を食べてみました。
 
 初めて食べてみる生徒がほとんどでしたが,みんなとてもおいしいと言って食べていました。

 講義の後,「簡単にできる防災食」の実習を行いました。
メニューは
①キャベツとさば缶のポリ袋蒸し
②ラーメンサラダ
③寒天とささみのごま酢和え物
④蒸しパン(ドライフルーツ入り)の4品です。




 実際に調理実習を行ってみて,
・ポリ袋1つで料理ができるのは,便利だし,手間がかからない。
・包丁を使わないと料理ができないと思っていたけど,まな板や包丁がなくても,手とはさみとポリ袋で料理ができることはすごいと思った。
・ポリ袋調理では,しっかり真空状態にしないと,袋がパンパンにふくれて大変だったし,中まで十分に火が入らず生っぽかった。
など,さまざまな感想がありました。

②さまざまな防災食づくりでは,各クラスで思い思いの防災食を作ってみました。




 今回の防災食づくりを通して,防災についての意識を高めることができました。
災害時にも今回の経験を役立てたいです。
19:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/11/16

ミニカフェ+のお礼

| by:k_tada
本日のミニカフェ+、たくさんのお客様にご来場いただき、
大変ありがとうございました。(*^o^*)
 今回、座席を工夫し、できるだけ早くお席にご案内できるよう
 考えて実施いたしました。まだまだ改善の余地はありますが、
 次回も早くご案内できるように工夫したいと思いますので、
 また、次回もご来店よろしくお願いいたします。
次回ミニカフェ+:令和元年11月30日(土) 
        テーマ「食のイルミネーション~帰り道は遠回りしたくなる~」
          24HRが実施します。(*^o^*)
          食券販売        10:30~
          ケーキ焼き菓子パン販売 11:00~
          お食事         11:30~13:00 
  ぜひお越し下さい ((*^o^*)
 
18:17 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/11/05

今年度3回目のミニカフェ+の案内

| by:k_tada
11月の「ミニカフェ+」のお知らせです。
 日 時:令和元年11月16日(土)
 場 所:小松島西高等学校 集団給食室
     食券販売 10時30分~(お一人様2枚まで購入できます)
     焼き菓子・パン・ケーキ販売 11時~(お一人様10個まで)
         ※焼き菓子パン80円 、ケーキ150円 
     お食事  11時30分~13時(オーダーストップ) 

テーマ
   「 秋が来た~
      銀杏 いも くり お!栗旬 
 
 少しずつですが、寒くなってきました。
 お鍋付きのお料理をご用意しています。
  100食限定(食後の飲み物デザート付きで800円)

 秋を感じてください。
 野菜たっぷりヘルシーメニュー 、まずは野菜からお召し上がり下さい。
    ☆主菜はあっさり、こってり2種類をご用意しました。
              食券をお買い求めの際にお選び下さい。
           あっさり・・・しいたけシュウマイ
           こってり・・・こっくりハチミツ柚子唐揚げ
       ぜひ、お越し下さい。(*^o^*)
13:54 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345