お知らせ

考査時に暴風警報等が発令された場合の対応について

 10月23日(月)実施予定の中間考査(2日目)について,次のように対応します。
 
 絵文字:会議考査時に暴風警報が発令した場合の対応について.pdf 
 

お知らせ

気象警報等発令時等における休校措置等について

1 「特別警報」,「暴風警報」,「大津波警報」,「津波警報」が発令中の場合

(1) 「小松島市」または,「小松島市を含む地域」に午前7時現在,上記の警報が発令中の場合は,自宅で待機(避難)をしてください。午前10時を過ぎても警報が解除されない場合は休校とします。

    午前10時までに警報が解除された場合,登校可能な生徒は,安全を確認して速やかに登校してください。

(2)  生徒の居住区域に午前7時現在,暴風警報が発令中の場合,自宅で待機してください。

    ただし,午前10時までに暴風警報が解除され,登校可能な生徒は,安全を確認して速やかに登校してください。 

(3) 登校・下校のとき,潜水橋は絶対に通行しないようにしてください。

(4) 在校時に津波による警報が発令された場合は学校で待機させ,保護者の方々と連絡を取らせていただきます。

 

2 上記の警報以外(大雨,洪水等)の警報・注意情報発令中,または積雪,路面凍結の場合は無理のないよう安全を確認して登校してください。

  ただし,危険の程度に応じて校長の判断で休校になる場合もあります。

  なお,登校・下校のとき,潜水橋は絶対に通行しないようにしてください。

 

3 出水,道路決壊等の自然的条件や公共交通機関の運休のために,登校不能になった場合は,公欠扱いとなることもありますので,速やかに担任に電話で届け出てください。

 

4 その他,災害等の非常時には,学校の指示・連絡により行動してください。