TOKUSHIMA雪花菜工房

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

日誌

TOKUSHIMA雪花菜工房 >> 記事詳細

2011/08/26

徳島再活性化クラブ(TOKUSHIMA雪花菜工房)より報告

| by:h_hirano
徳島商業高校・NPO法人TOKUSHIMA雪花菜工房プロデュース
         女川第二小学校交流支援について


被災地訪問ボランティア活動(宮城県女川第二小学校)

私たち徳島再活性化クラブ(TOKUSHIMA雪花菜工房)は
8/16~19日の間
徳島商業と本校インターアクト部・陸上競技部のみなさまと
宮城県女川町に行って来ました。

震災から5ヶ月あまりもたつのに
あまりの被害のすごさにびっくりしました。

私たちは
女川第二小学校の児童・生徒を中心とした地元さざなみ太鼓の歓迎を受け
お返しに阿波踊りをみんなで踊りました。

フリープログラムでは
小学校の保護者や児童・生徒とみなさんと
スライム作り・竹とんぼ・夜の小学校探索(周藤先生大活躍絵文字:晴れ)・サッカー
プール交流やオリジナル商品を作ったりと楽しい時間をすごしました。

また雪花菜工房の歴代社長・OG・陸上競技部中心の
食事係は(穴吹・城西・城ノ内各高校生や医学部で学ぶ先輩学生も参加)
新鮮な魚やイカを注文した数量の倍ぐらい,復興した女川町の漁師さんから頂き,
阿波牛を使ったステーキ丼やカレーライス,鯖の味噌煮やイカ焼きなどの炊き出しを行い,
おいしいと喜んでいただきました。
(特に阿波牛のステーキ丼は,小学校の若くてかっこいい絵文字:星ラグビー服の先生に好評でした。)絵文字:笑顔
また専門の方に教えていただきながら石巻焼きそばも作りました。

夜は小学生と一緒に教室でいろいろな話をしながら寝たり。風呂の代わりに
夜プールにいったりと,(またまた周藤先生大活躍絵文字:良くできました OK絵文字:急ぎ)楽しい思い出もできました。

ただ被害の深刻さを身にしみて分かり,現地で見て,聞いて,感じたことをこれからの活動に生かし,
私たちができることを考えていきます。


      
      女川第二小学校             さざなみ太鼓の歓迎            さあ「スライム」作りだ!!

      
    オリジナル商品考え中             真剣な「まなざし」               周藤先生も??
          「う~ん むずい(笑い)」    
 
    
     頑張れ東北  頑張れ女川        徳島から出来ることを…  


                      徳島再活性化クラブ(TOKUSHIMA雪花菜工房) 部員「?」より
                                          
                                                    顧問 周藤 隆明

PS 近々飯泉嘉門徳島県知事に報告にまいります。緊張しまくってます。部員「?」

12:20 | 投票する | 投票数(1)