食物科 学習成果

新規日誌40 >> 記事詳細

2019/12/02

防災食づくり

| by:y_nakano
防災クラブの一環として,防災食づくりに取り組みました。

食物科3年生で,①簡単にできる防災食
        ②さまざまな防災食   の調理実習を行いました。

 調理実習を行う前には,「ローリングストック」や備蓄する食品の選び方やストックする方法,これだけはそろえたい調理&便利グッズなどについて学びました。




学校に備蓄している保存食を食べてみました。
 
 初めて食べてみる生徒がほとんどでしたが,みんなとてもおいしいと言って食べていました。

 講義の後,「簡単にできる防災食」の実習を行いました。
メニューは
①キャベツとさば缶のポリ袋蒸し
②ラーメンサラダ
③寒天とささみのごま酢和え物
④蒸しパン(ドライフルーツ入り)の4品です。




 実際に調理実習を行ってみて,
・ポリ袋1つで料理ができるのは,便利だし,手間がかからない。
・包丁を使わないと料理ができないと思っていたけど,まな板や包丁がなくても,手とはさみとポリ袋で料理ができることはすごいと思った。
・ポリ袋調理では,しっかり真空状態にしないと,袋がパンパンにふくれて大変だったし,中まで十分に火が入らず生っぽかった。
など,さまざまな感想がありました。

②さまざまな防災食づくりでは,各クラスで思い思いの防災食を作ってみました。




 今回の防災食づくりを通して,防災についての意識を高めることができました。
災害時にも今回の経験を役立てたいです。
19:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)